マイクロソフト、中国最大のSNSと提携

印刷

   米マイクロソフト(MS)と中国最大のSNS「人人網」は2011年8月24日、インスタントメッセージサービスやSNSなどのインターネット事業で提携することを発表した。いずれかに登録すれば双方のサービスを利用できるようになり、写真の共有も可能にする。

   MSは7月、中国の検索サービス最大手の「百度」と提携を発表している。一方、米検索大手のグーグルは2010年に中国政府と検索サービスの検閲問題で対立を深め、SNSで世界最大の会員数をもつ米フェイスブックは、ツイッターとともに中国本土で閲覧すらできない状態だ。MSは中国国内の大手ネット企業との提携を通じて、存在感を発揮する狙いがあると見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中