「岩手国体なんとか開催したい」 検討が本格スタート

印刷

   開催が危ぶまれている2016年の岩手国体について協議する岩手県の市町村・競技団体等連絡会議が8月25日、盛岡市内で開かれた。この席で県側から、「開催の可否は県の考えを尊重する」という文部科学省や日本体育協会の意向が紹介された。今後、県が中心となって縮小開催に関するアンケートを実施することになり、開催へ向けた検討が本格的にスタートする。

   県は東日本大震災の後、財政面でも復興を最優先させたいとして「延期」の意向を明かしていた。ところが、5月に開かれた県体育協会の評議員会では、開催を望む声が続出。復興をめざすためにも開催意してほしいという世論もあって、県では縮小開催を視野に入れた作業を始めている。

   文科省や日体協との協議では、実施困難な競技については他県開催も認められる方向だ。岩手日報によると、25日の会議では、規模縮小に関しての中央競技団体の意向も示された。正式競技の全37競技を実施したいというのが原則だが、種目・参加チーム数などについては、柔軟に対応するとの回答もあったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中