「岩手国体なんとか開催したい」 検討が本格スタート

印刷

   開催が危ぶまれている2016年の岩手国体について協議する岩手県の市町村・競技団体等連絡会議が8月25日、盛岡市内で開かれた。この席で県側から、「開催の可否は県の考えを尊重する」という文部科学省や日本体育協会の意向が紹介された。今後、県が中心となって縮小開催に関するアンケートを実施することになり、開催へ向けた検討が本格的にスタートする。

   県は東日本大震災の後、財政面でも復興を最優先させたいとして「延期」の意向を明かしていた。ところが、5月に開かれた県体育協会の評議員会では、開催を望む声が続出。復興をめざすためにも開催意してほしいという世論もあって、県では縮小開催を視野に入れた作業を始めている。

   文科省や日体協との協議では、実施困難な競技については他県開催も認められる方向だ。岩手日報によると、25日の会議では、規模縮小に関しての中央競技団体の意向も示された。正式競技の全37競技を実施したいというのが原則だが、種目・参加チーム数などについては、柔軟に対応するとの回答もあったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中