大震災から半年の9.11 行事どころではない被災地

印刷

   9月11日、東日本大震災発生から半年の節目を迎える。新聞、テレビは総力を挙げて、検証や追悼の特集を予定している。

   ところが、被災地は復旧・復興に追われて、行事どころではないようだ。行方不明の人がなお4225人(9月8日現在)、まだとても気持ちの整理をつける気になれないという事情もある。ほとんどの自治体は、地震発生の14時46分にサイレンを鳴らして住民に黙祷を促す程度で、追悼行事などは予定していない。

   例外は、震災の犠牲と町外への避難で、半年間で町民が13.7%も減った大槌町。サイレンの後、碇川豊新町長が行政無線などを通じてメッセージを出す。岩手県ではこの日、知事選と県議選の同日投開票が行われる。県も各自治体も、選挙作業に手一杯だ。

   福島県内の被災自治体は、原発事故・放射線汚染との闘いの真っ只中。震災を振り返る余裕はない、といったところだ。宮城を含む被災3県は、いずれも有数のコメどころ。ちょうど新米の放射線検査が本格化したところで、行政や農家の関心は「コメは大丈夫か」という点に集まっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中