ロンブー淳の「脱原発派」発言巡り DM無断公開許されるのか議論

印刷

   お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(37)がツイッターで送った私信のダイレクトメッセージ(DM)について、受け取った人が無断で公開したとして論議になっている。

   きっかけは、田村淳さんがツイッターで2011年9月26日、「脱原発派」発言をしたことだった。

「現時点では原発は必要だと思う」

これでDM発言が解禁に!?
これでDM発言が解禁に!?

   すると、群馬県高崎市在住の中学校教師男性がツイッターで、反原発活動をしている俳優の山本太郎さん(36)への協力を以前に淳さんに呼びかけたことがあると明かし、次のようなDMが淳さんから来たというのだ。

「代替エネルギーを考える必要はあると思うが、現時点では原発は必要だと思う」

   これは脱原発と必ずしも矛盾しないが、男性は、淳さんの考えがこの当時と変わったと評価。「世の中は変わってる」とも主張した。

   しかし、DMは非公開とされているため、ツイッター上では、淳さんの実名を出さずにツイートを削除すべきとの意見が出た。

   これに対し、男性は、「だからこそ、今まで黙ってきたのです。もういいんじゃないかな」。一方、韓流偏重批判をした高岡蒼甫さん(29)のように発言公開で淳さんが困るのではと指摘されたが、「だったら脱原発なんてTwitterで言わないよ」と反論した。

   この男性の主張に対しては、公開がイヤなら淳さんはDMを出していないと擁護する意見も出た。男性も、「普通、見ず知らずの人間に公開したくない答えを伝えない」とつぶやいて、論議になっている。

   私信の無断公開は、何か法的な問題点があるのだろうか。

   著作権などに詳しい野口祐子弁護士は、こう指摘する。

プライバシー侵害は、芸能人なら免除?

「これはツイッターに特有な問題ではなく、友人のはがき公開と同じケースですね。著作権上の問題がある可能性はありますが、短い文章については、問題がないともされています。ツイッターのように140字以内なら、その考え方が当てはまる可能性があります。むしろ問題なのは、本人の承諾なく個人あての私信を公開したことにあるでしょう。これがプライバシーの侵害に当たるのかどうか、民法系の話になると思います。見ず知らずの人だからと言って、プライバシーの侵害にならないということはありません」

   もっとも、プライバシーについては、芸能人という影響力のある特殊な人については別の議論があると指摘する。

「一般人ならプライバシーがあっても、芸能人なら免除されるかもしれないということです。特に原発といった社会問題はそうで、いわゆる低いプライバシーの議論があります。とはいえ、私信を全部公開していいのかなど限度もあり、単純にコメントはできませんね」

   なお、淳さんはツイッターで、原発発言については必ずしもタブーと考えていないと明かしており、「僕は文化放送のラジオでずいぶん前から言ってますよ!脱原発派だって」と発言している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中