イチロー、来季は「強打の3番」だ トップバッターから卒業の時期

印刷

   イチローのシーズン200安打は10年連続で終わった。2011年は184安打で16本及ばなかった。前半戦の不振が響いたことになる。

   大きな目標が途切れたのを機に、来季は3番打者として活躍の場を変えたらと思う。それだけの力は残っている。

5、6月のスランプが最後まで響く

   よほど記録挑戦がきつかったのだろう。公式戦が終わった後、精いっぱいバットを振ったからか、むしろホッとした表情を見せた。

   「昨年、打っていてよかった」と10年連続の記録を振り返った。9年連続では切りがよくない、悔いが残るということなのだろう。

   ただ、バットマンとしては、5、6月のスランプが許せないことだった。4月が39安打と自身最多タイと好調だっただけになおさらである。「判断を誤ったんだ」と珍しく愚痴ったのは、打撃スタイルをいじくったことのようだ。シーズン中の実験は、マイナス16安打となって跳ね返ってきた。

   それと、元々の弱点だった内角を攻められ、それが凡打につながった。カットボール系の速い変化球に苦しんだ。これまで見ることのなかった姿だった。かつてオリックス時代、日本シリーズでヤクルトと対戦したときの試合を思い出す。相手の野村克也監督から内角高めのウイークポイントを突かれて活躍を封じられた。

   それでも184安打という数字は一流の中の一流打者でなければ残せない。出場試合数と同数字の安打を打てば一流の証。通算成績で試合数を超える安打を記録した選手は数えるほどである。

本来は「スピードを持った強打者」

   200安打という記録は1番打者ゆえのものといっていい。打席数がもっとも多いし、投手は勝負してくる。イチローはチャンスメーカーだから、とにかく主軸打者のためのお膳立てを求められてきた。

   その役目はもう卒業していい。その根拠として注目したいのは内野安打の激減である。昨年の66本から42本と3分の2に。その差が記録にピリオドを打つ原因となった。

   イチローは自由にバッティングさせれば、長打も打てる。本塁打も20本ぐらいは可能である。引っ張ってよし、流してよし、セーフティーバントやヒットエンドランもOK、という打撃ができるから、走者を置いた打席は、相手にとって脅威だろう。さらに今季40盗塁という足もある。本来の「スピードを持った強打者」ぶりを発揮できるはずである。

   38歳の曲がり角である。これからは打点に重きを置く主軸バッターとして期待したい。「なんでもできる3番打者」という新しい分野を開拓し、さらなる刺激を大リーグに与えることができれば、と思う。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中