イオン、岩手の被災2市に仮設店舗 移動販売の拠点に

印刷

   イオンは、岩手県大船渡、陸前高田の両市に仮設店舗を開設する準備を進めている。広域をカバーする移動販売の拠点機能を持たせる。地元メディアなどによると、年内(2011年)の設置を目指している。パートを中心に100~200人の雇用創出効果があるという。

   仮設店舗の規模は約200平方メートル。生鮮食品や加工食品、飲料のほかティッシュなどの日用品、実用衣料などをそろえる。仮設店舗を基点として仮設住宅などを巡る移動販売車を運行する。冷凍・冷蔵庫を備えた2トントラックを独自に仕立てる計画だ。

   イオンは震災後、両市でしばらく移動販売を行っていた。両市以外でも数カ所で仮設店舗の出店に向けた準備を進めているという。

   こうした移動販売は、高齢化と過疎化をにらんだ戦略で、イオンは被災地に限らず展開していく計画だ。9月17日に開業した青森県の七戸十和田駅前店(七戸町)でも移動販売を導入した。近くに店舗がない高齢者ら、これからますます増える「買い物弱者」を取り込む狙いだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中