ノーベル平和賞にリベリア大統領ら女性3氏

印刷

   2011年のノーベル平和賞を、アフリカ・リベリアのエレン・サーリーフ大統領と平和運動家リーマ・ボウイーさん、中東イエメンの反政府活動家タワックル・カルマンさんの3人の女性が受賞した。ノルウェーのノーベル賞委員会が10月7日に発表した。

   同委員会のトールビョルン・ヤーグラン委員長は記者会見で、「民主主義と平和の構築のためには、社会で女性が男性と同様の影響力をもたなければ達成できない」と話し、紛争解決や民主化に非暴力で立ち向かい、大きな力を発揮した3氏の功績を称えた。

   女性の受賞は2004年のケニアの環境活動家で9月末に亡くなったワンガリ・マータイさん以来。

   サーリーフさん(72)は05年にアフリカで初めて民主的に選ばれた女性大統領。大統領に就任後、政府への女性登用など女性の支援に力を注ぎながら、貧困にあえぐ国家の立て直しを図った。ボウイーさん(39)は女性の参政権を訴え、宗派や民族を超えて女性を組織化した。サーリーフさんとも連携し、非暴力による民主化運動の先頭に立った。

   カルマンさんは32歳での受賞。長期独裁政権が続くイエメンのジャーナリストで、NGOを創設。女性の権利や表現の自由を訴え、「アラブの春」と呼ばれる中東の民主化運動に関わってきた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中