国際線回復基調だが、円高の影響出始める JAL社長会見

印刷
定例会見に臨む大西賢社長
定例会見に臨む大西賢社長

   日本航空(JAL)の大西賢社長は2011年10月12日に羽田空港内で開いた定例会見で、すでに全日空(ANA)には納品が始まっている次世代旅客機のボーイング787型機について、

「引き渡しは12月中と聞いているが、多少のずれ(の可能性もある)。クリスマス休み、年末年始があるので、年を越えることも想定の範囲。だが、大幅に遅れるとは考えていない」

と述べ、遅くとも12年初頭には引き渡しが始まるとの見通しを示した。

   すでにJALは787を35機発注し、12年4月に新設する成田-ボストン線に投入することを決めている。このことを念頭に、大西社長は、

「787は、中型機でありながら長距離を誇る機材。従来であれば経済的に運航できなかった路線に展望が開けるのではないか」

と、期待感を示した。初フライトの日程については「乞うご期待」と述べるにとどめた。

国内線は堅調続く

   また、9月の旅客需要については、

「国際線は(東日本大震災以降)回復基調だが、円高傾向がじょじょに表れている。回復はしているが、そのペースが、これまでよりも若干落ちている」

   と述べ、外国でチケットを買って来日する人の需要が鈍化していることを明らかにした。

   一方、国内線については、

「6月から対前年実績を上回っており、震災の影響から回復していると実感している」

と、堅調ぶりを強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中