流失写真をパソコンで探せる リコー、陸前高田にセンター開設

印刷

   事務機器メーカーのリコーは、東日本大震災で被災した写真やアルバムを修復しデジタル化するための「セーブ・ザ・メモリー 写真センター」を10月15日、岩手県陸前高田市に開設した。津波で流された写真をパソコン画面上で探すことができ、見つかれば、持ち主に原本とデータを返却する。

   センターは、小友町の気仙大工左官伝承館駐車場にある写真の返却会場を間借りしてオープンした。被災跡地で見つかった写真計1万3000枚を複合機でデータ化、パソコンで検索できるようにした。これまでは回収された写真を手に取って一枚一枚確認する必要があった。

   受け取ったデータは、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどで、時間と場所を問わず閲覧でき、簡単に家族や友人と共有することができる。リコーは「データで保存すれば劣化が進まず、写真の発見率が上がる。気軽に活用してほしい」と呼びかけている。

   同センターは土日祝日の10時から16時まで利用できる。

   「セーブ・ザ・メモリー プロジェクト」の拠点はこれで2か所目。9月6日には宮城県南三陸町に最初のセンターが開設され、住民らに活用されている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中