ホリエモン「メルマガ」で1億円 ナンバーワン長者の秘密

印刷

   ホリエモンこと堀江貴文受刑者がメールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」で得た収入が、ついに1億円に達したことが明らかになった。

   現在メルマガの購読者は1万人を超え、ホリエモンに入る収入は2010年末の時点で月500万円にも達すると見られている。ホリエモンはなぜ「メルマガ長者」になれたのか。

「塀の中」からも配信中

購読者は1万人突破(画像は「まぐまぐ」のページ)
購読者は1万人突破(画像は「まぐまぐ」のページ)
「本日、当社から堀江貴文氏への支払い累計額が1億円を超えました」

   ホリエモンのメルマガを配信している「まぐまぐ」の大川弘一社長は2011年10月17日、ツイッターでそうつぶやいた。ネット上では改めて、「メルマガだけで一億…!」「すげー!塀の中でもメルマガで稼ぐ男」と驚きの声が広がった。

   「堀江貴文のブログでは言えない話」は2010年2月にスタートした。毎週月曜日に配信しており、購読料は月額840円。内容は時事問題についてのコメントからビジネス論、書評や近況など多岐に渡り、ボリュームもなかなかのものだ。「まぐまぐ」ではホリエモンのほか辛坊治郎さん、高城剛さん、丸山和也さん、河野太郎さんなどの著名人がメルマガを配信しているが、その中でもホリエモンの発行部数はナンバーワンだ。

   「塀の中」に入った今でも手紙を通じてスタッフが更新を続けており、17日配信の最新号では、

「そういえば、最近やる気が湧いてきた。出所したら真っさらになるので、ゼロベースで事業プランを実行するつもり。夜寝る前にいつも考えている。出所するときにはもう40代でジジイになっているけど、ジジイはジジイなりに頑張るよ」

など獄中での心境もつづられている。

専門家「メルマガは波に乗ると大きい」

   『ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方』などの著書があるメルマガコンサルタントの平野友朗さんによれば、「メールマガジンでの収入としては、堀江さんは日本ではまずトップレベルです。非常に珍しい」という。

   平野さんは、メールマガジンの購読者数を左右するのは「情報の質」、そして「知名度」だと話す。ホリエモンの場合、有名人ゆえの露出の多さに加え、読者からの質問を受け付けるなどコミュニケーションを大事にしたこと、またその動向に注目が集まっていたことも大きかったと見る。

「それに月額840円という価格は、1回の配信に直せばせいぜいコーヒー1杯分です。そのためいったん入った人はつい購読を続けてしまう。その意味では、メルマガは1度波に乗ると大きいと言えます」

   もっともホリエモンまではいかなくとも、月数十万円ほどの収入を上げる人は少なくないと平野さんは話す。

「配信される情報に価値を感じれば、月3000円でも購読する人はいる。ツイッターやフェイスブックとの連携で、購読者を拡大するパターンも多いです。最近では情報発信の手段として、メルマガに改めて注目が集まっています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中