世界景気天気図、8月は19か月ぶり「雨」

印刷

   日本経済研究センターが2011年11月21日に発表した8月の「世界景気天気図(インデックス)」は、19か月ぶりに「雨」となった。景気動向の指数は前月比0.4ポイント減のマイナス2.6。ほとんどの国で輸入指数が低下し、金融危機の影響で内需が弱まった。

   震災後から生産指数が回復した日本の天気図は「曇り」だった。

   世界景気天気図は、経済指標の伸び率から各国の景気を評価する指標で、日米欧、アジア、BRICsをカバーしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中