政府、ベトナムへの原発輸出の継続確認

印刷

   野田佳彦首相は、日本を訪れているベトナムのズン首相を2011年10月31日夜、首相官邸に招いて会談し、日本の原子力発電所のベトナムへの輸出について、東京電力福島第一原子力発電所の事故の前に合意した両国の決定に基づいて、引き続き進めていくことを確認した。

   昨年10月に合意した日本からの原子炉2基の輸出について、福島原発の事故の教訓を踏まえて、より安全性を高めることを約束。共同文書には、日本の事業者がベトナムでの原発建設を担うことを明記した。

   またベトナムでのレアアースの鉱山開発については、早期の生産開始に向けて、採掘から技術開発まで幅広く共同開発を進めることで合意。さらに現在、インドネシアとフィリピンの2か国に限定している、外国人の看護師や介護福祉士の受け入れについて、来年度からベトナムも加えることになった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中