巨人騒動「これから本当のことがわかる」 清武氏の「不気味発言」に疑心暗鬼

印刷

   プロ野球巨人から解任された清武英利・前球団代表が用意しているとされる「隠し球」は、いったいどんな「破壊力」を持ったものなのか。清武氏側は2011年11月24日にも開く「反撃会見」で、「隠し球」を披露する構えもみせている。

   一方、ナベツネこと渡辺恒雄・球団会長と球団側は、清武氏の「隠し球」は「大したことない」と見切ったのか。11月21日夜、ナベツネ氏は報道陣の前に姿を現し、「(清武氏が)訴える?こっちが法廷(へ)持って行くよ」「俺は法廷闘争で負けたことない」と自信をみせた。

「元特ダネ記者」だから…

どうなる「24日会見」。
どうなる「24日会見」。

   清武氏がナベツネ氏批判を展開した「反乱会見」から1週間後、桃井恒和・球団社長が清武氏の解任を18日に発表した段階で、「反乱は鎮圧された」との印象をもった関係者は少なくなかった。

   解任発表の直前までは、異例の「反乱」を起こしながら清武氏が「お咎めなし」の状態で、当時の役職であるGM(ゼネラル・マネジャー)業務などをこなしていることについて、「清武氏の『隠し球』が怖くて処分できない」、「『隠し球』の情報収集に時間がかかっている」といった憶測がささやかれていた。

   読売新聞記者時代、国税庁担当などとして経済事件で特ダネをものにしてきた清武氏なら、「けんかを始める前に相手の弱みを握って」いても不思議ではなく、その「相手の弱み」がすなわち「隠し球」というわけだ。

   清武氏は、国税庁関係者と今もパイプがあるとみられており、関係者の中には「ナベツネ氏か読売新聞グループの税務に関する情報を握っているのではないか」との推測をまことしやかに口にする人もいた。

「直接対決」の「録音データ」か?

   しかし、清武氏の「球団代表兼GM」などの肩書きだけでなく、取締役としても解任し、事実上「追放」した球団側の強い姿勢を受け、今度は「清武氏の『隠し球』の中身が判明し、球団は大した事がないと判定したのだろう」との見立てが強まった。

   それでも「『隠し球』で巨人激震」説は消えない。清武氏が解任発表後も、解任の不当性を訴えて法的措置の検討を表明し、さらには「これから本当のことが分かってきます」(解任翌日の19日、母校講演会で)と不気味な発言をして自信を見せているからだ。

   浮上してきているのは、「反乱会見」(11日)前の9日に清武氏とナベツネ氏が「直接対決」した際の「録音データ」の存在だ。ナベツネ氏が「決まっていたはず」(清武氏)のコーチ人事を覆す発言などが含まれているのでは、と見られている。

   「録音データ」の存在について、19日にテレビカメラ前で記者から質問されそうになった清武氏は、質問をさえぎるように「それも含め、会見で申し上げます」と話し、否定はしなかった。

   24日にもある清武会見では、どんな「隠し球」が飛び出してくるのだろうか。

   インターネット上では、「隠し球」について、「元敏腕記者」の清武氏が「球団の不正情報か何か」をにぎっているのでは、との憶測の一方、「どうせショボイ新事実だろ」と冷めた見方も飛び交っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中