もんじゅの廃炉検討 細野原発相

印刷

   細野豪志原発担当相は2011年11月26日、福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」を視察した後、廃炉も含めて検討する考えを示した。

   細野原発相は、もんじゅについて報道陣に「かなりの年月がたっていて、設備も若干古いところがある」「ひとつの曲がり角にきているのかな、という印象を受けた」と話し、廃炉も含めて検討していくべきとした。時期については「問題を先延ばしすることは許されず、何らかの判断を来年はしなければならない」と明言した。

   もんじゅは、1995年にナトリウム漏れ事故を起こして運転を停止。2010年にいったん再開したもののトラブルが続いて、現在はストップしている。11月20日に行われた政策仕分けでは、「存続の是非を含めて抜本的に見直すべき」と提言された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中