オウム平田容疑者突然出頭に疑問 「麻原死刑囚の執行阻止」が目的か

印刷

   2012年が明けて間もない1月1日未明、オウム真理教の特別手配犯、平田信(まこと)容疑者(46)が警察に出頭した。約17年にわたる逃亡の末、「出頭」という形で逮捕に至った平田容疑者に、ネットなどで「なぜこのタイミングで?」と、疑問の声が相次ぎ、さまざまな憶測を呼んでいる。

   年始のお祝いムードを一変させた平田容疑者逮捕劇の顛末はこうだ。

「一区切りつけたかった」

   2011年12月31日午後11時50分頃、ダウンジャケットにジーパン、リュックサックを背負った「平田信」を名乗る男が、警視庁丸の内署に出頭した。同庁が指紋を確認したところ平田容疑者と一致し、逮捕監禁致死容疑で逮捕した。年が明けた1月1日未明、オウム真理教による目黒公証役場事務長、仮谷清志さん(当時68歳)の監禁致死の容疑で、平田容疑者の約17年に及ぶ逃亡はついに幕を閉じた。

   平田容疑者は、出頭した理由を「時も大分たったので、一区切りつけたかった」と供述したという。

   ネットでは、当初こそ「本当に本人か?」「まさか生きていると思わなかった」という驚きの声が上がったものの、やがて「なぜ今になって?」と、出頭のタイミングに話題が集中していく。

「絶対裁判を引き延ばして、何としても麻原の死刑執行を遅らせる作戦だよな」
「最高裁で争ったらすげえグダグダしそう。時間稼ぎ目的か」

など「麻原死刑囚の執行阻止」説がささやかれるようになった。

「平田の裁判が終わったら次が自首してくる」

   2011年11月、地下鉄サリン事件で殺人罪などに問われていた元オウム真理教幹部、遠藤誠一被告(51)の死刑が確定し、オウム裁判は事実上、全面終結した。これにより、麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(56)など、元教団幹部13人の死刑が確定しているが、これを「阻止」しようとしたのではないか、というのが、今のところ大半の見方だ。

   つまり、自分の裁判が開かれれば、事実の解明のために松本死刑囚ら主要メンバーの出廷が必要になったり、平田容疑者が新たな証言をする可能性があるため、死刑執行は裁判確定まで止められるのでは、という見方だ。

   NHKニュースでも、出頭したねらいについて、ジャーナリストの江川紹子さんが、「今は麻原彰晃、本名、松本智津夫死刑囚の死刑がいつ執行されるかという段階に入っていた。しかし、平田容疑者の裁判が始まれば、証人になる可能性がある松本死刑囚の執行は非常にやりにくくなるため、死刑の執行を遅らせることが出頭の目的だった可能性がある」と指摘した、と報道されている。

   だとすると、どうなるのか。これが次の憶測を呼ぶ。

   「平田の裁判が終わっても、次が自首すればまた5年10年と引き延ばせる」と、今後もタイミングを見計らって容疑者が出頭してくるのではないかという見方や、「公安と何らかの裏取引があったんじゃないか」など、時間がたっても個人の推測は後を絶たない。

   平田容疑者は、仮谷さんの事件について「車を運転していただけだ」と、容疑を一部否認しているという。しかし、約17年の間、どこで潜伏して生活していたのだろうか。地下鉄サリン事件などに関与したとして殺人容疑で特別手配されている、高橋克也(53)と菊地直子(40)の両容疑者の行方もまだ分かっていないことに加え、平田容疑者は未解決のまま時効を迎えた国松警察庁長官(当時)狙撃事件への関与も取りざたされている。事件の残された「闇」はまだ解明されていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中