ジャパネットたかた減収減益

印刷

   通信販売の「ジャパネットたかた」の髙田明社長は、2012年1月25日、2011年12月期決算(速報値)の概要を明らかにした。長崎新聞が報じた。

   7月の地上デジタル放送完全移行後、主力商品だった薄型テレビの販売が落ち込み、売上高は前年比13%減の1530億円、経常利益は同49%減の70億円となる見込み。減収減益は、顧客情報の流出が問題となった04年以来、7年ぶりのこと。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中