藤村官房長官、国家公務員給与削減合意を歓迎

印刷
記者会見に臨む藤村修官房長官
記者会見に臨む藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2012年2月17日午後の定例会見で、民主、自民、公明の3党が国家公務員給与の引き下げに合意したことについて、「復興財源にもかかわる話なので、歓迎したい」と述べた。

   3党合意では、11年度の人事院勧告の平均0.23%とあわせて、12年度から2年間にわたって平均7.8%削減する。民主党が給与引き下げの特例法案とセットで成立を求めていた、国家公務員に「労働協約締結権」を認める法案の扱いについては国対委員長間で継続して協議することになった。

   さらに、藤村氏は3党合意について

「『身を切ることからちゃんとやっていけ』ということのひとつの答えになると思う」

と述べ、社会保障と税の一体改革に向けた後押しになるとの考えを示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中