父なくした女の子に「お父さんはどこ?」 NHK「家族に乾杯」、鶴瓶の何気ない言葉でハプニング

印刷

   笑福亭鶴瓶さんが出演するバラエティ「家族に乾杯」(NHK総合)で、思わぬ「ハプニング」が起きたと話題になっている。東日本大震災の被災地で、子ども達にインタビューしたのだが、鶴瓶さんの発した何気ない一言が、子どもを傷つけてしまったというのだ。

   「家族に乾杯」は、鶴瓶さんが毎回日本各地を訪れ、地元の人とふれ合うという番組。毎週月曜20時から放送されている。2012年3月12日の回では、震災から1年ということもあり、鶴瓶さんが、津波で大きな被害の出た岩手県陸前高田市を訪ねた。

「お父さんが消防団で、津波に流されて……」

   まず、街全体が波に流され、一面が平地になってしまった様子を見て回る。収録中、地元FM局にインタビューされ「『励ます』っていうのはおこがましいけど、何とか元気になってもらえたらと思って来た。でも、高田に関しては言葉が出ない」と話し、本当にショックを受けているようだ。

   その後、地元の子ども達を訪ねたのだが、そこでハプニングが起きた。

   芸能人が地元に来てはしゃぐ小学5年生の女の子に鶴瓶さんが、「何人兄弟か?」と聞く。女の子とその友達は「一人っ子」と楽しそうに返事。続いて鶴瓶さんが「お父さん、お母さんはどこにおる?」と聞くと、友達が「悲しいこと言わないでください」。女の子が「お父さんが消防団で、津波に流されて……」と話し、机に突っ伏してしまった。

   友達は女の子の肩をトントンと叩き励ます。鶴瓶さんはとっさに「ごめん!○○ちゃんごめん!」と何度も謝る。しばらくして女の子は顔を上げ、鶴瓶さんと再び楽しそうにおしゃべりしていた。

放送していいか、母親に了承得る

   スタジオで、鶴瓶さんは「(相手が)子どもだと思って明るくなってしまった」と涙ながらに語る。両親について聞いたとき、「悪いことを言った」と思ったが、その後、女の子が明るい顔で鶴瓶さんの方を向いてくれて救われたという。

   このシーンを放送することで傷つけてしまったらいけないので、番組では事前に女の子の母親に放送してもいいか確認した。母親は「子どもたちも喜んでいるので、どうか放送してください」と答えたという。女の子には鶴瓶さんが悪かったと思っていることをスタッフが伝えた。

   最後には後日収録された女の子からのメッセージが紹介された。鶴瓶さんの印象について「(最初は鶴瓶さんではなく)TKOの木下かと思った」。「鶴瓶さん、前は来てくれてありがとうございました。私たちも勉強にしっかり取り組みます。高田はいいところなのでまた来てください」と笑顔で語っていた。

鈴木おさむ「あの部分を放送したことで、伝わることが沢山ある」

   一連のシーンがネットで話題になり、ツイッター、2ちゃんねるには多くの書き込みが寄せられた。「被災地に行くこと自体が辛くてみてらんない この番組でやることじゃない」「鶴瓶がやらかした」という意見もあったが、「番組見てたけど、よかったよ。鶴瓶の人柄もあると思う」「まさか被災地へ行って、元気に暮らす家族だけ見たかったのか?」という見方も多いようだ。

   放送作家の鈴木おさむさんも3月14日のブログで番組の感想を書いている。月曜20時台は自分が担当する「Qさま!!」が放送されているが、鶴瓶さんが好きなのでたまに「家族に乾杯」の方を観ることがある。今回の被災地を訪ねた回は「すごく明るく前向きであったかい笑いに包まれている番組でした」。女の子のシーンにはとても感銘を受けたようで、

「正直、その部分をカットするのは簡単です。だけど、そこには現実がある。ああやって、あの部分を放送したことにより、伝わることが沢山ある。Qさまをやってる身としては、悔しいけど、本当に素晴らし番組で、放送に携わってる者としてはなんか、背筋が正されたような気がしました」

と書いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中