AIJ社長、虚偽運用認める 報酬は7000万円

印刷

   AIJ投資顧問の年金消失問題について、同社の浅川和彦社長は「責任を痛切に感じている」と謝罪したうえで、「年金基金という資金の重さからどうしても損した形で返したくなかった」と述べ、虚偽の利回りで顧客を勧誘して運用を続けていた事実を認めた。2012年3月27日に開かれた衆院財務金融委員会の参考人質疑で語った。

   問題発覚後、浅川社長が公の場に姿を見せたのは初めて。浅川社長は「最初からだますつもりは全くなかった」と釈明。AIJは約1500億円の資金を受託し、デリバティブ(金融派生商品)での取引を膨らませていたが、「バクチをした覚えはまったくない」と強調。年金消失の経緯については「2009年4月から10年3月に相場が上がってやられた」と説明した。「水増し」については浅川社長が直接関与していた。

   また、自身の報酬を「年収7000万円」と明らかにし、管理報酬の着服などは「一切ない」と言明した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中