「反日」メディアが「AKBに学ぼう」 中国で「アイドル大革命」起こるのか

印刷

   中国共産党の機関紙・人民日報系のタブロイド紙「環球時報」が、「AKB48に学ぼう」という記事を掲載した。

   環球時報は反日色が強いメディアとして知られており、日本のポップカルチャーを好意的に取り上げることは異例と言える。中国でもAKB48のようなアイドルビジネスが盛んになるのだろうか。

「中国の音楽業界が学ぶ機会」

   2012年4月24日付の環球時報が、「庶民に親しまれているAKB48に学ぼう」という記事を掲載した。内容は「AKB48は3~5人の固定メンバーで活動するアイドルグループの常識を覆した」と指摘し、劇場公演や握手会などのイベントで日本だけでなく東南アジアからも人気を得ているという分析だ。

   また、上海にAKB48の姉妹グループ「SNH48」が誕生するのを受け、「AKB48の到来は日本の文化侵略と見る向きもあるが、中国の音楽業界がアイドルグループをどうやって作ったらよいか学ぶ機会といえる」としている。

   環球時報は2010年に尖閣諸島付近の日本領海で海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突した事件で、日本が「この状況を尖閣諸島の支配を正当化するための法的先例として利用しようとしている」と主張するなど、反日感情の強い新聞として知られており、日本のアイドルグループに対して好意的な意見を述べることは珍しい。今回の報道を取り上げた4月25日放送の「NEWS23X」(TBS系)でも「異例の記事を掲載した」と紹介し、中国共産党が11年の党大会で「中国の文化パワーの強化」を主要課題に掲げるほど、文化の面で中国が立ち遅れていることへの危機感の表れではないかと分析している。

500人定員のミニライブに応募7000人の人気

   中国のインターネット掲示板「百度」や中国版ツイッターの「新浪微博(ウェイボー)」では、環球時報の記事について「こんなニュース珍しいな」「アイドルは神秘的なイメージを維持するものだけど、AKBはファンとも気軽に話しているアイドルで不思議」「中国のエンターテインメントは庶民の生活にあまり影響がなかったから、SNH48はいい刺激になる」など好意的ととれる書き込みもあるが、「なんか怖い 指導者は何をしたいんだ?」と、政府に近いメディアの親日的報道をいぶかしむ声もあがっている。

   ちなみに中国でもAKB48の人気は高い。11年11月にAKB48の公式グッズショップ「オフィシャルショップ上海」オープン記念の握手会を開催した時は、1000人のファンが詰め掛けた。12年2月には日中国交正常化40周年を記念し北京でミニライブを行った。このイベントには競争率14倍の抽選で選ばれた約500人のファンが参加した。また、主要メンバーはウェイボーのアカウントも取得しており、前田敦子さんには約6万人、大島優子さんには約5万4000人のフォロワーがいる。SNH48の誕生でさらにAKB熱が盛り上がるのか、AKB48に学んだアイドルグループが登場して人気を博すのか、中国のアイドル業界の動向に注目が集まる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中