橋下大阪市長ウォッチ
教職員への入れ墨調査に教委が反発 「魔女狩りのよう」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年5月25日、市教育委員会との意見交換会に出席し、教委が所管する教職員ら約1万7000人についても入れ墨の有無について調査を行うように求めた。市が5月上旬に全職員を行った調査では、「不信を招く」として教委関係者は対象から外れていたが、「なぜ実施しないのか」といった批判が寄せられていた。

   橋下市長は「教育現場だけが無関係という訳にはいかない」と調査の実施を求めたが、教育委員からは「魔女狩りのようにやるのは、どうなのか」などと反発の声が続出。議論は平行線をたどっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中