ソニー、執行役7人が業績連動を返上

印刷

   ソニーのハワード・ストリンガー会長や平井一夫社長ら執行役7人が2011年度の業績変動報酬を全額返上することになった。2012年6月5日に開示された株主総会の招集通知で明らかになった。11年度の連結営業赤字は673億円、最終赤字は4567億円と過去最悪を記録したため。10年度は、執行役8人に対して業績連動報酬2億2400万円が支払われた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中