「原賠法は欠陥法だった」 東電・勝俣会長インタビューで

印刷

   福島第一原子力発電所の事故で、事実上の国有化となる東京電力の勝俣恒久会長が日本経済新聞と読売新聞のインタビューに応え、原発事故は防げなかったのか、また国有化の選択などについて語った。2012年6月26日付で報じている。

   日経では、国有化について「ひと言でいえば、やむを得なかったことかな、と思います」と話した。選択肢としては、原子力損害賠償法3条に「異常に巨大な天災による事故は電力会社の賠償責任にならない」というただし書きがあることで民間としての存続の道をさぐったが、3条ただし書きで法的に争っても、「その裁判の相手が、国じゃなくて被災者になってしまう。被害を与えておいて、避難所にいる被災者の方相手に裁判して『我々は無罪だ』と主張することができるのか、と考えました。原賠法が(事故の賠償の負担などについて不明確な)欠陥法だった、ということを、しっかりと確認してなかった」と語った。

   一方、読売には福島第一原発の安全対策について「われわれは十分であったと思っている」と主張。また、国有化をめぐっては「(原賠法)が不備だった。原子力を民間でやるのか、国営にするのか、負担や責任のあり方を含めきちんとしておくべきだった」と述べた。

   また、「会社更生法の適用の申請も考えた」と明かした。政府が1兆円の公的資金を東電を支援することに、「賠償や廃炉、除染の費用のすべてを国が背負っては国民負担が大きくなるため、東電をつぶさないとの結論になったのだろう」と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中