菅首相「元公設秘書」が発する奇々怪々 「がれきが拡散すれば賠償逃れになる」?

印刷

   東日本大震災で発生したがれきの広域処理をめぐり、「奇形児が出ても賠償の問題から逃れられる」などとする根拠不明なツイートが拡散している。

   発言したのが菅直人前首相の「元公設秘書」を名乗っている人物だとされ、ある程度信ぴょう性を感じている人もいるようだ。

「本当ですよ。経産省の何人もの奴から聞きましたよ」

   ツイートは、がれき受けいれに反対する会合で、元秘書が発言する動画を見た人が流したとみられる。

「(がれきの広域処理が)拡散すれば、奇形児がでても、福島からだけではなくなり、賠償の問題から逃れられるからと言わたが(原文ママ)、本当?」

と元秘書に直接尋ねたところ、元秘書は、

「本当ですよ。経産省の何人もの奴から聞きましたよ」

と応じた、というもの。

   がれきが被害地から拡散すれば、各地で奇形児が生まれ、結果として東電は賠償責任を負わなくて済むようになる、といった趣旨だと思われる。

   このツイートは、著名なフリージャーナリストもリツイート(転送)し、780回以上リツイートされている。

   このツイートを見たツイッター利用者からは、

「やっぱり!」
「予想通りだな。『やっぱりな』と思う。それ以外考えられないから」

と、ツイートの内容を信用する声が相次いでいる。

過去には「財務省には21兆円の裏金がある」と発言

   ただし、この元公設秘書の発言をめぐっては、震災前から信ぴょう性に疑問を呈する声が多い。例えば2010年4月には、

「電通が民主党へのネガティブキャンペーン展開のため、ネット工作員を10人ぐらい配置していたのですが、政権交代で政府広報予算が回ってこなくなって、今期は大幅赤字確実。カレッタ汐留の本社の移転も浮上しているとか」

とツイート。しかし、10年5月17日に発表された決算では、連結ベースで09年3月期には204億5300万円あった最終赤字が、311億3000万円の黒字に転換している。

   ネット以外でも同様だ。10年3月には、内閣府の記者会見で、ジャーナリストとして、

「財務省には21兆円の裏金がある。全部、これ出しますよ、埋蔵金いっぱい出てきますよ」
「そこまでやるんだというために『行政刷新会議』というマニフェストを書いたんですよ、僕は」

などと主張しており、枝野幸男行政改革担当相(当時)が

「まずマニフェストを書いたのは、あなたではなくて、民主党でございます」

と一蹴した経緯がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中