機械遺産、新たにウォシュレットGなど5件選出

印刷

   一般社団法人 日本機械学会(東京・新宿区)は2012年7月23日、機械技術の発展に貢献したとして認定する「機械遺産」に、温水洗浄便座「ウォシュレットG」など5件を新たに選んだと発表した。

   「ウォシュレットG」は米アメリカン・ビデ社製の「ウォッシュエアシート」と呼ばれる医療用洗浄便座を、東洋陶器(現TOTO)が日本の一般家庭向けに開発し、1980年に発売した。

   そのほか「吉野山ロープウェイ」(奈良・吉野町)、「ステンレス鋼製車両群(東急5200系と7000系)」、「池貝工場製第1号旋盤(現存最古の動力旋盤)」、「卓上複写機リコピー101」(リコー)が選ばれ、機械遺産は全部で55件となった。新たな5件には8月7日の「機械の日」に認定証及び感謝状が授与される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中