鴻海トップが会見キャンセル、突然台湾帰国 シャープの提携交渉、一体何が起きているのか

印刷

   シャープが2012年8月中の合意を目標に進めてきた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業との資本提携の見直し交渉は、鴻海の郭台銘董事長が来日したにもかかわらず、結局は合意に至らず結論を持ち越した。

   しかも郭董事長は、奥田隆司社長を含めシャープの幹部らと一度も顔を合わすことなく、台湾へ帰ってしまったという。いったい何のために日本に来たのか、シャープも困惑している。

奥田社長らと一度も顔を合わせず台湾へ帰った。

   シャープとの資本提携をめぐる交渉のため来日していた鴻海精密工業の郭台銘董事長が2012年8月30日午後、シャープと同社が共同運営する液晶パネルの主力工場であるシャープ・ディスプレイ・プロダクト(SDP、堺工場)を訪問した後、予定していた記者会見を欠席して突然台湾へ帰ってしまった。

   SDPでは、製品サンプルを手にするなどしながら、台湾の経済代表団とともに終始なごやかなムードで見学していた。ところがその後、郭董事長が日本や台湾の多くのメディアの前に姿を見せることはなかった。

   これに一番驚いたのは、おそらくシャープの幹部らだっただろう。シャープは、郭董事長が来日することで、鴻海との提携交渉が大きく前進すると思っていた。

   ところが、郭董事長は当初予定していた同日午前の協議の場に姿を見せず、奥田社長と鴻海グループのナンバー2である戴正呉副会長とで協議に入った。さらには、午後のSDP訪問後も協議の機会を失った。

   結局、「詰め」の協議どころか、郭董事長の顔を見ることもなく、シャープは結論を持ち越しにせざるを得なくなったわけだ。

   郭董事長が急きょ台湾に帰ったことについて、シャープは「何も知らされていませんでしたし、(台湾に帰ったことも)報道で知ったほどです。その後も(鴻海側からは)いまだに(31日時点)具体的な説明はありません」と話す。

   シャープは30日夜、「(出資条件などについて)両社で継続協議しており、内容が決まり次第、速やかに公表する」とのコメントを発表したが、「お互いに、詰めの協議ができると思っていたのに・・・」と落胆する。

シャープ株、取得価格「1株550円」が6割超す下落

   一方、当初は郭台銘董事長がシャープとの資本提携の交渉状況について説明するとみられていた記者会見には、戴正呉副会長が「代役」として立ち、「急な予定があるためここ(SDP)を離れた」と説明した。

   シャープとの資本提携については「お互い前向きに話し合いを進めている」と、協議が続いていることを強調しながらも、「(交渉は)最終的な段階になっていない。できるだけ早い時期に答えを出したい」と、合意時期については明言しなかった。

   そもそも、今回の協議のきっかけはシャープの株価が急落したためだ。シャープと鴻海が3月27日に資本提携を発表した時点では、鴻海が1株550円の取得価格で9.9%の比率まで出資し、2013年3月までに筆頭株主になるはずだった。

   シャープ株が当時から6割超も下落したため、取得価格や出資比率を見直さざるを得なくなったわけだ。

   シャープ株の下落について、鴻海の戴副会長は8月30日のSDPでの記者会見で、「株価より業績改善が重要。鴻海はこれからも全力でサポートする」と述べた。

   しかし、提携交渉の結論が持ち越されたことで、翌31日のシャープ株は売り気配で始まり、一時195円まで急落。終値では前日比29円安の198円で引けた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中