「バイオハザード」出演した中国人人気女優 尖閣対応を批判、「日本のポスターから削除して」

印刷

   ハリウッド映画「バイオハザードV:リトリビューション」が2012年9月14日に世界同時公開されるが、出演した中国の人気女優の李冰冰(リー・ビンビン36)さんが尖閣諸島問題を巡り日本を非難し、日本での映画のPR活動参加を拒否するだけでなく、日本国内の同映画のポスターから自分を削除するように申し出ているのだという。

   もっとも、配給するソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの日本法人によれば、もともとリーさんをポスターに使っていない、という。

「他の国の試写会には行くけど東京だけには行かない」

   中国網日本語版(チャイナネット)が2012年9月4日付けで報じた記事によれば、リーさんは尖閣諸島は中国固有の領土だと表明し、9月3日に都内で開催された映画「バイオハザード」の試写会を欠席した。試写会にはポール・W・S・アンダーソン監督と、主演女優のミラ・ジョヴォヴィッチさんが出席している。

   リーさんが欠席を決めたのは2ヶ月前で、リーさんのマネージャーは、

「他の国の試写会には行くが、東京だけには行かないと決めた。政治的な影響があったことは否定しない。私たちは中国政府と同じ立場に立っている。釣魚島は中国固有の領土である」

と答えた、と記事に書かれている。そして、日本版ポスターからリーさんを削除するように願い出たという。

   日本での知名度は高いとはいえないが、意外なところで日本との関わりがある。2010年に「上海万博」が開催されたが、そのPRソング「2010年はあなたを待っている」が、日本のシンガーソングライター岡本真夜さんのヒット曲「そのままの君でいて」を盗作したと大騒ぎになったが、メインの一人としてそのビデオで歌ったのがこのリーさんだった。また、08年には中国国内で東芝のデジタル家電のイメージキャラクターになっている。

日本が嫌ならばなぜ「バイオハザード」に出演したの?

   今回出演した映画「バイオハザードV」は、日本のゲームメーカーであるカプコンの大ヒットゲームシリーズ「バイオハザード」が原作で、配給もこれまで、例えばアメリカでは映画配給はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの関連会社が行ってきた、「ハリウッド版日本製映画」と呼ばれるものだ。

   ネットでは、来日を拒むだけでなくポスターから削除を求めるほど日本が嫌ならば、そもそも「バイオハザード」に出演した意味が不明だ、などとリーさんに対するバッシングが起こっている。また、ハリウッド映画ならPR活動も契約に含まれるはずだから、トラブルを起こせば二度とハリウッドでは使ってもらえない、と心配する声もある。

   一方で、韓流スターと比べれば「潔よくて好感が持てる」などと評価する声もある。韓流スターは反日を隠して日本人にお愛想をし、韓国に帰れば大いに反日発言をする。それに比べればましだということらしい。

   今回の報道が全て正確なのかどうかはわからないが、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの日本法人に話を聞いてみると、ポスターからの削除については、

「ポスターに使う予定はともと無いですし、もちろんポスターには彼女の写真などは掲載しておりません」

ということだった。記事に出ている情報はまだ入手していないため、答えることができない、という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中