「釣魚島は中国」書き込み、中国旗表示 尖閣問題で日本サイト改ざん相次ぐ 

印刷

   中国各地での反日デモが加熱する中、ネットでも日本の政府機関や報道機関、研究所等のホームページに対する改ざんが相次いでいる。

   2012年9月14日には最高裁判所のホームページに「釣魚島は中国である」との中国語と中国国旗などの写真が表示されたのを皮切りに、15日朝には日本経済新聞社グループの健康保険組合の組合員向けホームページのトップに「中国の釣魚島を侵犯するな!」との中国語や、中国国旗が表示された。東京工業大学・世界文明センターのサイトも、トップページなどが一時、改ざんされる被害にあった。いずれのサイトも16日12時現在、アクセスできない状況が続いている。

   中国最大規模のハッカー集団「中国紅客連盟」が13日発表したサイト攻撃の標的リストには日経新聞が含まれているが、現在のところ関連性はわかっていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中