「ロールス・ロイス」年60~70台売れてる 販売拡大のため東京に新ショールーム

印刷

   英国の超高級車、「Rolls‐Royce」(ロールス・ロイス)が日本での販売拡大に乗り出した。

   ロールス・ロイス・モーター・カーズは2012年9月6日、東京・芝に東京ショールームをリニューアルオープン。国内最大規模で、313平方メートルの延べ床面積に5台のロールス・ロイスを展示する。

年内には大阪のショールームをリニューアル

「ロールス・ロイス」は年間60~70台が売れている!(写真は、販売代理店のコーンズ・モータースのホームページ)
「ロールス・ロイス」は年間60~70台が売れている!(写真は、販売代理店のコーンズ・モータースのホームページ)

   新たなショールームは、「ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京」として、ロールス・ロイス正規販売代理店のコーンズ・モータースが運営する。

   東京ショールームのコンセプトは「洗練されたプライベート空間」。ビスポークラウンジ(オーダーメイドルーム)と呼ばれるスペースには、内装などのウッド、レザー、ペイントのサンプルが並び、ゆっくりと自由に選べるのに加え、「よりオーダーメイドにこだわるお客様には英国のロールス・ロイス本社とやり取りし、ビスポークチームがスケッチを提示しながら、イメージを具現化していきます」(コーンズ・モータース)といい、自分だけのロールス・ロイスを選ぶことができる。

   今回、初来日となったロールス・ロイス・モーター・カーズの最高経営責任者(CEO)、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏は、東京ショールームのオープニングセレモニーに出席し、

「日本市場における事業の発展にとても満足していますし、日本で継続的に発展していくことを確信しています」

とコメントした。

   また、「昨年、日本は東日本大震災があった。それでも(2011年の)販売台数は、10年の販売台数と同じ水準であったことに、日本経済の底力には驚かされた」とも語り、日本市場に引き続き大きな期待を寄せている。

   ロールス・ロイスは年内にも、コーンズ・モータースを販売代理店に大阪のショールームを新たなコンセプトのもとでリニューアルオープンすることを発表。関西圏のユーザー獲得にも本腰を入れていく。

「ファントム」は5000万円超える「超」高級車

   とはいえ、ロールス・ロイスは「ゴースト」で3000万円台、「ファントム」では5000万円を超える「超」高級車だ。日本では、いったい何台が走っているのだろう――。

   ロールス・ロイスの国内販売台数は非公表だが、コーンズ・モータースによると、「ロールス・ロイスは現存率の高いクルマですから、多くが残っていると思います。わたしどもは1964年から、48年で3000台以上を販売しています」という。

   2008年に発売した「ファントム・クーペ」(約5000万円)は「東京からの注文が一番早かった」(コーンズ・モータース)だそうだ。

   11年には、同社だけで60~70台を販売。ロールス・ロイスによると、日本の販売店あたりの顧客数がアジア太平洋地域において最大だそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中