ソニー業界最大84型の4Kテレビを168万円で発売

印刷

   ソニーは、従来の4倍の解像度がある4K(3840画素×2160画素)液晶パネルを搭載した業界最大クラスの84型テレビ「ブラビアKD-84X9000を2012年11月23日に発売すると12年9月27日に発表した。価格は税込み168万円。4K対応液晶テレビ用に新開発した超解像高画質回路「4K X-Reality PRO」が搭載されている。

   ソニーの説明によれば、この新型テレビは従来のフルHDと比較し、半分の距離まで画面に近づいても画素が気にならず、約60度の視野角にわたり、まるで実物を見ているかのようなリアルで美しい映像が広がるとしている。4Kテレビは東芝が11年12月に世界初の4Kテレビの55型を発売していて、ソニーの参入により4Kテレビ市場の盛り上がりが期待されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中