トヨタ、世界で14車種743万台の大規模リコール 部品共通化に「落とし穴」

印刷

   トヨタ自動車は、パワーウインドーの不具合が発生する可能性があるとして、世界で14車種、約743万台をリコール(回収・無償修理)すると、2012年10月10日に発表した。リコールの台数だけでみると、過去最多となる。

   国内は2006年9月~08年7月に生産した小型車の「ヴィッツ」「ラクティス」など6車種約46万台のリコールを国土交通省に届けた。海外は05年7月~10年5月に生産した「カローラ」「カムリ」など12車種、約697万台が対象となる。

   パワーウインドーのスイッチに潤滑油が均一に塗られていないクルマがあり、作動不良を起こす場合がある。事故の報告はないとしている。

   円高の影響もあって、トヨタは現在、原価低減を狙って世界レベルでの「部品の共通化」を進めている。北米などでリコール対象になった「ヤリス」は「ヴィッツ」の海外仕様車で基本は同じクルマだ。「カローラ」や「RAV4」などのグローバル車も汎用品が多く使われており、リコールの対象となる車種や国が広がったとみられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中