ソフトバンク、米携帯電話3位の買収を協議

印刷

   ソフトバンクが、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルを買収する方向で協議している。2012年10月12日、同社は「協議をしていることは事実」とのコメントを発表した。

   買収が実現すれば、契約数で9000万件規模となる。ソフトバンクは米国市場へ本格参入することになり、世界展開の足がかりになる。

   スプリント社の契約数は2011年12月末で5500万件。ただ、2007年から5期連続で最終赤字が続いている。

   ソフトバンクは国内4位のイー・アクセスを13年2月中に完全子会社化し、2位のKDDIと事業規模でほぼ互角となる。スプリント社の買収により、NTTドコモの6000万件をしのぐ世界規模の携帯電話グループに躍り出る。

   また、同日付の日本経済新聞が「スプリント社を通じ米5位のメトロPCSコミュニケーションズの買収も検討。買収総額は2兆円を超える見通し」と報じたことから、ソフトバンクの株価は一時、制限値幅の下限(ストップ安)である2381円目前まで下げる場面があった。巨額の資金負担や財務悪化が懸念されたため、売りが先行した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中