楽天「kobo」が新機種発表 「年内20万冊」は微妙

印刷

   楽天グループのKobo(コボ)は2012年11月1日、電子書籍端末の新機種「kobo glo(グロー)」と「kobo mini(ミニ)」を発売すると発表した。

   koboをめぐっては、日本語コンテンツの数を実際よりも多く宣伝していたとして、消費者庁から指導を受けたばかり。年内には20万冊を達成するという目標をかかげているが、楽天の三木谷浩史会長は、実現は微妙だとの見方を示した。

新機種は寝室や飛行機の中での利用に向く

新機種「kobo glo(グロー)」を手にする楽天の三木谷浩史会長
新機種「kobo glo(グロー)」を手にする楽天の三木谷浩史会長

   新機種の「glo」は、前面にライトがつき、6インチ電子ペーパーの解像度が上がったことが特徴。処理速度が25%向上し、ページをめくるスピードも速くなった。寝室や飛行機の中での利用に向いている、としている。「mini」は、手のひらサイズの5インチ電子ペーパーを搭載した。発売日はそれぞれ11月15日、12月中旬で、価格は7980円、6980円。すでに発売されている「touch(タッチ)」は、7980円から6980円に値下げする。

   今後、アンドロイドやiOS対応のソフト、カラー画面対応端末も発表予定だ。

   koboは、アマゾンの「キンドル」、iPad(アイパッド)をはじめとするタブレット型端末など、競合が多い。三木谷氏は、koboが軽い点や(「glo」は185グラム)、電池の「持ち」がいい点(最長1か月)を強調し、

「PCとタブレット端末が違う以上に、我々はタブレットと電子書籍端末は違うと思う。電子ブックの中で中核になっているのは白黒端末。白黒端末という分野においては、我々は絶対的な自信を持っている」

と、強気の姿勢は崩さなかった。他社の一部端末が対応している3G通信機能については、

「今の段階ではお答えできない」

と述べるにとどまった。

「他の電子書籍と比べて苦戦しているのでは」

との見方に対しては、

「そんなことはない」

と反論しながらも、現時点での出荷台数については明かさなかった。

無料配布には「どういう販売促進をしているかについては、お答えできない」

   また、kobo「koboイーブックストア」のオープン当初7月1日時点の日本語コンテンツを「約3万冊」と表記していたにもかかわらず、実際には1万9164冊だったとして、景品表示法上不適切だとして消費者庁から行政指導を受けている。この点については、三木谷氏は、

「3万冊のコンバージョン(電子書籍規格の変換)が終わる予定だったが、オペレーションの手間がかかったということで、少し遅れてしまったことはお詫びしなければならない」

と陳謝。ただし、「12年中に20万冊」という目標については、

「あと2か月で13万5000冊。結構大きなかたまりで、1万冊とか、2万冊とか、そういう単位で入ってくる予定がある。そのタイミングがうまく合えば、20万冊までいけると思う。それが多少ずれれば、1月になってしまうということもあるかも知れない」

といい、実現可能性については微妙な言い回しながらも、撤回はしなかった。

   楽天カードのプレミアム会員に「会員様プレゼント」としてkobo touchが無料で配られ、ネット上で騒動になったこともあった。この点については、

「どういう販売促進をしているかについては、お答えできない」

と、コメントしなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中