東京で「木枯らし1号」吹く 昨年より23日遅く

印刷

   気象庁は2012年11月18日、東京地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表した。

   気圧配置が西高東低の冬型となった影響で、東京・大手町で最大瞬間風速14.9メートルの北西の風が吹いた。

   観測史上最も早い木枯らし1号は1988年の10月13日で、最も遅いのは69年と81年の11月28日。2011年は10月26日だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中