秋元氏がAKB河西「1万円生活」逃亡に苦言 「プロとしてありえない」

印刷

   AKB48のプロデューサー・秋元康氏(54)が、バラエティー番組「いきなり!黄金伝説」の企画「1か月1万円生活」をリタイアしたAKB48の河西智美さんについて、新聞の連載で苦言を呈した。

   しかし河西さんはリタイア後にソロデビューが発表されるなど、相変わらず仕事は順調だ。秋元氏の連載も「落としてから上げる」ような書き方になっており、ファンらの不信感はおさまっていない。

「失敗や努力を重ねたアイドルの笑顔は美しい」

   秋元氏は2012年11月25日付の読売新聞日曜版コラム「1分後の昔話」で、河西さんについてこう書いた。

「AKB48のメンバーがテレビ番組のチャレンジ企画を途中で勝手にリタイアしたことがニュースになっていた。そんな報告を受けていなかったので詳しい状況はわからないのだが、途中でリタイアするのはしょうがないにしても勝手に番組を降板するのは、プロとしてありえない。彼女が悪い。後は、彼女が番組のスタッフや共演者やファンのみなさんにお詫びして、どうやって信頼回復をしていくかだ」

   一見痛烈な批判のように見えるが、その後には河西さんがバッシングを受けているときはずっと沈んだ顔で突然泣き出すこともあり暗かったが、握手会でファンに優しい言葉をかけてもらって笑顔になった。アイドルは失敗や努力を積み重ねて人の何倍も遠回りしてようやく笑顔になるから美しいのだ、とまとめている。河西さんの今の笑顔も、「1万円生活」のリタイアという失敗があってこそ、というような論調だ。

「そう思うなら謹慎にしろ」「ソロ延期させろよ」

   インターネット上では、河西さんが「1万円生活」をリタイアしたことももちろんだが、その後にソロCDデビュー、ソロ写真集の発売が発表されるなど、ますます露出が増えていることを良く思っていない人が多い。

   秋元氏のコラムに関しては、「河西のリタイアに秋元康がノータッチだとは到底思えないのだが」「『詳細は聞いてない』ってホントか?普通聞くだろ」など疑いの目を向ける人や、「ならソロ延期させろよ。真実味がない発言やな」「そう思うんなら謹慎処分下せよ」など仕事が増えたことに批判的な意見を持つ人が多い。「河西バッシングを沈静化させる為に、敢えてAKBトップ(秋元康)が新聞上で責める。やすすの優しさが垣間見れた」と、「身内が批判することで丸くおさめようとしている」と見る向きもあるが、インターネットの書き込みを見る限り批判の声は高まっている。

   なお、河西さんは11月25日、東京競馬場(府中市)でソロライブを行った。こちらは途中でやめることなく、無事にデビュー曲「まさか」など3曲を歌い上げたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中