「金正恩は世界でもっともセクシー」 中国・人民日報が米風刺サイトに「釣られる」

印刷

   「めちゃくちゃハンサムな丸顔と、少年のような魅力と、たくましい肉体を備えた平壌生まれの憧れのスターは、すべての女性の夢だ」――。北朝鮮の金正恩第一書記が、「世界でもっともセクシーな男性」に選ばれたと中国の人民日報電子版が報じ、こんな選出理由を紹介した。

   ところが、この企画や文章は、米国の風刺サイトのまったくの「悪ふざけ」だった。中国最大の、しかも共産党の機関紙が「釣られた」事件に、海外のメディアは抱腹絶倒、さっそくネットで「面白すぎる大失敗」として拡散している。

写真55枚ものスライドショー付きで報道

人民日報も認めた「世界一セクシーな男」金正恩氏(写真は、新華網から)
人民日報も認めた「世界一セクシーな男」金正恩氏(写真は、新華網から)

   人民日報電子版は2012年11月27日、「2012年版・世界でもっともセクシーな男性」に北朝鮮の金正恩氏が選ばれたと報じた。

   記事では、正恩氏を選出した米サイト「オニオン」から、「めちゃくちゃハンサムな丸顔と、少年のような魅力と、たくましい肉体を備えた平壌生まれの憧れのスターは、すべての女性の夢だ」との理由を引用した。人民日報が独自に撮影したと見られる写真55枚のスライドショーも付いていて、軍事パレードで馬に乗ったり、サングラスをかけて微笑んだり、妻を伴って施設を視察したりといった正恩氏の姿がもりだくさんだった。

   これに、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、タイムといった海外の主要誌が反応を示し、相次いで記事を書き立てた。やはり、正恩氏が最高にセクシーというのに驚いたのだろうか。どうやら違うようだ。タイムは見出しに、「人民日報はオニオンに一杯食わされた」と打っていた。

   実はオニオンは普通のニュースサイトではなく、風刺新聞のサイトなのだ。紙面は主要紙のパロディーや、ジョークで構成されている。「世界でもっともセクシーな男性」も米PEOPLE誌の同名の人気企画を拝借したものだ。初代受賞者はオニオン創刊者の孫の編集者T・ヘルマン・ツヴァイベル。最近では、シリアのアサド大統領やウォールストリート史上最大の巨額詐欺事件で逮捕されたバーナード・L・マドフが受賞したということになっていた。

   要するに、人民日報はオニオンの「悪ふざけ」を真面目なコンテストの集計結果だと勘違いして引用した。そして結果的に「正恩氏は世界一セクシー」との見解を広めてしまった格好だ。

   なぜこんなことが起こったのか。ニューヨークタイムズの取材に対し、人民日報英語版の編集者は「何も言えない」とコメントした。

オニオン勝利宣言「人民日報は自慢の共産党支社」

   人民日報が「釣られた」という話題は海外のネットを駆け巡り、28日の時点でツイッターには4000件近くの言及があった。英ガーディアン紙の公式アカウントは「(正恩氏の)写真がまだ公開されている。見に行くならいまのうちだ」と煽ってすらいた(写真は現在閲覧不可)。アメリカ版の「Yahoo!知恵袋」には、「中国人って、金正恩が『2012年で最高にセクシーな男性』だって信じてるの?」という質問も投稿され、

「私の目からすると、彼はハンサム。ちょっと太っているけど」
「まあPSYよりはカッコいいと思うよ」

などと回答が寄せられた。

   また、当のオニオンは元ネタとなった記事に追記するかたちで人民日報にリンクを張り、

「オニオンの2012年版世界でもっともセクシーな男・金正恩についてもっと知りたければ、どうぞ私たちの盟友・人民日報のサイトを訪れてください。オニオン自慢の共産党支社です」
「模範的な記事でした、同志よ」

と「勝利宣言」した。

   なお、11月28日16時現在、人民日報の記事は削除されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中