笹子トンネル事故 同構造のトンネル3か所で緊急点検開始

印刷

   中央自動車道上り線・笹子トンネル(山梨県)の天井崩落事故を受け、中日本高速道路は2012年12月3日午前、同様にコンクリート製の天井板をつり下げる構造の笹子トンネル下り線、中央道の恵那山トンネル(長野県、岐阜県)、東名高速道路の都夫良野トンネル(神奈川県)で緊急点検を始めた。

   恵那山トンネルでは報道陣に点検作業が公開された。天井の下からライトを当て、目視や手で触りながら壁の状態を確認したほか、天井板の上にのぼりハンマーでたたいて異音がしないか確かめた。点検は4日までで終える予定だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中