米小学校乱射で26人死亡 オバマ大統領涙見せる

印刷

   米東部コネティカット州ニュータウンの小学校で2012年12月14日午前(現地時間)、20歳の男が校舎に侵入し銃を乱射した。この事件で児童20人を含む計26人が死亡、自殺したと見られる容疑者の遺体が校内で見つかった。日本人家庭の児童5人は無事が確認されている。

   容疑者の母親もニュータウンの自宅で銃で顔を撃たれて死亡しているのが見つかり、容疑者は母親を殺害してから学校に向かったと見られる。母親は以前この学校の職員だったという情報もある。

   米国では07年にバージニア工科大学で32人が殺害される銃乱射事件があり、今回はそれに次ぐ惨劇となった。オバマ米大統領は14日午後の記者会見で「ここ数年、この種の悲劇があまりに多いが、米国はそれに耐えてきた」と話し、涙をぬぐう一幕もあった。また、野田佳彦首相は15日、オバマ大統領あてに「日本国民の心は米国国民と共にある」という哀悼の意を表したメッセージを送っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中