民主党惨敗 バラをつけるボードは、使用されることなく白いまま

印刷
インタビューに応じる細野豪志政調会長
インタビューに応じる細野豪志政調会長

   「まさか本当にこれほど差がつくとは」。第46回衆院選・民主党開票センターが設置された東京港区のホテルの会場がざわめいた。午後8時の投票の締め切り時間を迎え、会場に置かれたテレビは、「自民党が単独過半数」など各メディアが報じる出口調査の結果を次々に映し出した。

   ほどなくステージに上った大塚耕平政調会長代理がテレビ局のインタビューに応じ、こわばった表情で「大変厳しい結果だ」と述べた。次に姿をあらわした細野豪志政調会長も終始厳しい顔で、「私を含めた今の執行部の責任は免れない」などと答えていた。当選者の名前にバラをつけるボードは、使用されることなく白いままだった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中