「はだしのゲン」作者・中沢啓治さん死去

印刷

   自らの広島県の原爆体験に基づいて描いた漫画「はだしのゲン」の作者の中沢啓治さんが、2012年12月19日、肺がんのため、広島市内の病院で死去した。73歳だった。密葬は近親者で済ませた。

   中沢さんは広島市生まれで、神崎国民学校(現・市立神崎小学校)1年の時、爆心地から約1.2キロ離れた学校への登校途中に被爆した。自宅にいた父と姉、弟が犠牲となり、直後に生まれた妹も4か月後に亡くした。

   漫画家デビュー後の1966年に母が原爆症で亡くなり、原爆をテーマにした作品を描くことを決意した。68年に「黒い雨にうたれて」を発表し、73年「はだしのゲン」の連載を週刊少年ジャンプで開始した。

   09年に網膜症と白内障による視力低下を理由に漫画家を引退し、10年秋に肺がんで入院してからは入退院を繰り返していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中