日産・ルノーにロシア・アフトワズの3社連合 「ゴーン・プーチン」親密さの行方

印刷

   日産自動車と仏ルノーの連合は2012年12月12日、ロシアの自動車最大手、アフトワズを買収し、経営権を取得すると発表した。2013年6月以降、アフトワズの会長に日産のカルロス・ゴーン社長が就任する。

   「日産・ルノー・アフトワズ連合」の2011年の世界販売台数は、米ゼネラル・モーターズ、独フォルクスワーゲンに次ぐ3位。2012年はトヨタ自動車が東日本大震災の影響を克服し首位に立つ見込みだが、それでも日産・ルノー・アフトワズ3社連合は「4強」の一角を占める。成長が見込めるロシア市場を背景に3社連合がグッと存在感を増す。

ロシア市場は2012年に前年比10%伸びて290万台

   「ラーダ」ブランドを展開するアフトワズはリーマン・ショック以降、経営不振に陥って再建の途上にある。とはいえロシアでの新車販売台数は2011年で53万台あり、シェア2割超となお首位で、ブランド力もある。

   日産によると、ロシア市場は2012年に前年比10%近く伸びて290万台程度になるという。現状で2000万台をうかがう中国や、1400万台は超えそうな米国と比べれば規模は小さいが、「ロシアは今まさに欧州最大の市場になろうとしている」(アフトワズのセルゲイ・チェメゾフ会長)というように、勢いがある。「2020年までに400万台を超える」との見方もあり、潜在的な成長力は高い。

   それだけに2014年6月までにルノー・日産でアフトワズ株を実質的に過半持って経営権を取得し、ラーダブランド車をてこ入れする一方、ロシアで生産する日産、ルノー各ブランドの販売も上向かせることは3社連合にとって有意義な戦略となりそうだ。

   アフトワズは、もともとルノー単独で2008年に株式25%を取得し、技術移転なども含め、再建を支援してきた。ただ、日産幹部によると「国策会社」のような面もあるだけに、ロシア政府は当時、「25%で終わり、これ以上の出資はない」と言っていたという。

ルノーよりも日産の技術が欲しかった?

   しかし、アフトワズの再建が今一つ進まないなか、2010年末のゴーン氏とロシアのプーチン首相(現大統領)との協議から、事態は動き出す。プーチン氏がアフトワズに追加出資し再建を加速させるよう要請したのだ。アフトワズとしてはルノーよりも日産の技術が欲しかった面もあったようだが、以前からの「ゴーン・プーチン関係」の親密さも影響したようだ。その後の協議は2年ほど続いたが、結局、日産も出資することでルノー・日産としてアフトワズ株の実質過半を握り、ゴーン氏がアフトワズ会長になることで決着した。アフトワズの工場で日産、ルノーブランド車を生産するなど関係を強化し、3社として2016年以降、年間170万台の生産能力を持つ。日本で日産は「生産100万台死守」を掲げているわけだから、3社連合として日本をはるかにしのぐ生産拠点にもなる。

   思い返せば90年代末に日産が傾いた時に出資し現れたのもルノーであり、ゴーン氏だった。この再建請負人による「自動車世界一」が現実になることがあるのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中