薄毛治療に光? 慶応大チームが毛髪組織再生に成功

印刷

   慶応大医学部の大山学・専任講師らの研究チームは2013年1月23日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して、毛髪を作り出す「毛包」の部分再生に成功したと発表した。脱毛症の新たな治療につながる可能性があるとしている。

   人間のiPS細胞を皮膚になる手前の細胞に変化させた上で、発毛指令を出す「毛乳頭細胞」と同じ機能を持つマウスの皮膚細胞と混ぜてマウスに移植したところ、数週間後に「毛包」と毛髪が出来たという。人間のiPSから毛乳頭細胞を作ることができれば、人間の「毛包」再生も可能になるとされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中