ロシアの戦闘機2機が北海道利尻島南西沖を領空侵犯

印刷

   防衛省は2013年2月7日の14時59分29秒から15時00分40秒にかけ、ロシアの戦闘機SU-27機2機が、北海道利尻島南西沖の日本の領空を侵犯したと同日発表した。

   ロシアの戦闘機が領空侵犯したのは5年ぶりで、青森県の三沢基地から航空自衛隊の戦闘機(F-2延べ4機)が緊急発進をして対処した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中