NHK「つくってあそぼ」が3月末に終了 「子供のショック大きい」親たちから悲鳴

印刷

   NHK教育テレビ(Eテレ)で23年間続いてきた子供向け工作番組「つくってあそぼ」が2013年3月で終わる。出演していたキャラクターの「ワクワクさん」「ゴロリ」も別の番組に移ることはなく、完全に「終了」なのだという。

   親子2代に渡って楽しんでいる人も多く、ネットでは子供の一番のお気に入りで「子供がショックを受ける」「どう説明していいか分からない」などといった悲鳴が上がっている。

「ショックー!うちの子が1番好きな番組なのに」

2013年3月に終了する「つくってあそぼ」(C)NHK
2013年3月に終了する「つくってあそぼ」(C)NHK

   「つくってあそぼ」は1990年4月から、ノッポさんでお馴染みの「できるかな」(1970年4月~1990年3月)の後番組としてスタートした。現在は再放送を含め週に2回15分番組として放送し、幼稚園や保育園などでは教材として使用されている。また、全国を巡回する「つくってあそぼショー」では工作を教えるなど身近な番組としても好評だ。

   2013年2月6日放送では、ワクワクさんが新聞紙の工作を披露した。新聞紙を丸めて切って梯子を作ったり、坂を奇妙な動きで転がっていく玩具を作り、「ゴロリ」と一緒に遊んでいた。

   番組が3月で終わってしまうという話が流れ、ネットで「あの番組がなくなるのは寂しい」などと悲しみの声が広がった。特に、自分も子供の頃に見ていて、自分の子供も今現在ファンだという人にとっては辛い出来事のようだ。ネットの掲示板や「ツイッター」で、

「おおーこれはうちの息子に説明しづらい」
「終わるって言ったらどんな反応するかな」
「ショックー!今4才のうちの子が1番好きな番組なのに」

などと悲鳴が上がった。

現在は全て再放送、2年以上「新作」を製作していない。

   NHK広報局によると、番組のコンセプトに沿って紹介する工作のアイディアが出尽くしたことも番組終了の理由となった。

   現在放送されている番組は全て再放送で、「新作」は2年以上製作されていないそうだ。再放送でも人気なのは1話1話を丁寧に制作しているからで、メーンターゲットとなる4、5歳児が番組を「卒業」しても、次の4、5歳児が番組を見ても楽しめるようになっている。

   13年4月から始まる新たな子供向け工作番組は「ノージーのひらめき工房」といい、登場するキャラは「あそびの国」に暮らす妖精「ノージー」と、ゴミ箱に住む「クラフトおじさん」。一般の親子がロケで登場する「ぐちゃぐちゃ」のコーナーや、ハサミなどの使い方を楽しく伝える「図工うた」などがあり、自由な発想でどんどん新しい工作を生み出していく。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中