「渋谷駅の高架下で大爆発だ!」 ネット騒然、真相は何だったのか

印刷

   「渋谷駅の高架下で爆発が起きてる!」。2013年2月19日夜、こんなツイートがネットをかけめぐった。

   真っ赤な炎が映されたものものしい写真も投稿されネットは騒然となったが、この事故についてほとんど報道はされず。一体真相は何だったのか。

「高架下でバンバン爆発音、身の危険を感じた」

「渋谷駅でガード下でなんか爆発してる!」「渋谷駅山手線高架下でなんか燃やしてる。バンバン爆発音するし身の危険を感じた」

   2月19日23時30分頃、ツイッター上でこんなツイートが投稿され始めた。ツイートには高架下で大きな赤い炎が上がっているような写真も添付されていた。

   さらに東急東横線がこの火災の影響で運転見合わせとなった。渋谷駅の東横線ホームが煙で曇っている写真もいくつも投稿され、大きな火災を思わせた。

   これらのツイートはすぐに拡散され、「渋谷駅爆発!?こわ!」「何が起こったの」「渋谷駅の爆発、明日の朝のニュースだろうな…」などツイッターは騒然。目撃情報や騒ぐ人々の書き込みをまとめた「togetter」や「NAVERまとめ」も作られた。

カセットボンベの小さな爆発が大騒動に?

   しかしネット上での騒ぎとは裏腹に、20日になっても主要メディアはこの「爆発騒ぎ」をほとんど報じなかった。TBSが20日未明に「渋谷駅前の高架下で段ボールが焼けるボヤ」「ホームに煙が流れ込んだため一時騒然」と報じたのみで、爆発どころかちょっとした火災のような扱いだ。一体「爆発」の噂とは何だったのか?

   渋谷消防署に問い合わせたところ、高架下の路上生活者が持っていたカセットボンベが、火災の影響で小さな爆発を起こしたという。その際確かに爆発音は鳴ったので、「大爆発」の噂につながったのでは、とのことだった。なお、けが人はいなかったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中