東京株式市場、大幅続伸で1万1600円台 日銀人事やTPPで円下落

印刷

   東京株式市場は2013年2月25日、日経平均株価が大幅に続伸した。朝から買いが相次ぎ1万1600円台に乗せ、終値は前週末比276円58銭高の1万1662円52銭で引けた。2008年9月29日(1万1743円61銭)以来、4年5か月ぶりとなる高値となった。

   同日付の日本経済新聞など朝刊各紙が、金融緩和や円安の推進派とされる黒田東彦アジア開発銀行総裁を次期日銀総裁に、岩田規久男学習院大学教授を副総裁に起用する、と報じたことをきっかけに、さらに金融緩和が強化されるとの観測が改めて広がったことを受けて円相場が下落した。それにより、金融緩和の恩恵を受けやすいとされる大手銀行や不動産株や、円安の恩恵を受ける輸出関連株など幅広い銘柄に買いが先行した。

   前週末の日米首脳会談で環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する方針が固まったことも、構造改革の前進と受けとめ、買い材料となったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中