「Tizen」はOS戦争に一石を投じるか ネットでは「キャラクターが酷い」の声

印刷

   「なにこの偽物臭」「怨念めいたものを感じる」――NTTドコモが導入する新型のモバイル用OS「Tizen」が、思わぬところで話題になっている。「ランプの精」を模したようなイメージキャラクターが不気味だと言うのだ。

   これまで、GoogleのAndroidとAppleのiOSのほぼ一騎打ち状態だったモバイル用OS戦争。相次いで発表されたTizenやFirefoxOSが一石を投じるかに加え、イメージキャラクター同士の戦いにも注目が集まりそうだ。

「何をイメージしてこうなった・・・」「誰も止める人がいなかったのか?」

Tizenのイメージキャラクターが不気味と話題に(写真は、Linux Foundationのホームページから)
Tizenのイメージキャラクターが不気味(写真は、Linux Foundationのホームページから)

   Tizen(タイゼン)は新しいモバイル端末用のOSだ。OSとはすべての基本となるソフトのことで、スマホやタブレットの使い勝手を左右するといっていい。

   開発を進めているのは、韓国のサムスンと米国のインテル。基本情報が公開されているため、携帯電話事業者が改良を加えて独自のアプリやサービスが提供しやすくなるほか、開発費用も抑えられるのがウリだ。

   これまで、スマホのOSはGoogle(グーグル)のAndroid(アンドロイド)とApple(アップル)のiOSによる、ほぼ寡占状態だった。Tizenと、同時期に発表されたFirefoxOS(ファイアフォックス)は、第三極としてこの状況に一石を投じると見られていたのだが―――

「Tizenのイメージキャラクターがヤバいwwwwwwwwwwwwwww」

   なぜか、2ちゃんねるではこんな話題で持ちきりになっている。張られたリンク先を開くと、ランプの妖精を模したような、青い半透明の身体のキャラクターが腕を組んで笑っていた。顔はドラゴンボールのキャラクター・魔人ブウに似ている。どうやらこれがTizenのイメージキャラクターらしい。詳細は書いておらず、名前は不明だ。

「笑顔でボル、アジア観光地のオヤジ妖精に見える」
「何をイメージしてこうなった・・・」
「想像以上に酷かった 」
「誰も止める人がいなかったのか?」

   残念ながらというべきか、ネットユーザーからはおおむね不評をかっている。

親しみにくい感じは否めない

   「誰かドロイド君と対戦させてくれ」――こんな声も複数出ている。

   ドロイドくんとは、Androidの公式キャラクターだ。スターウォーズのキャラクター・R2-D2に触角が生えたような形状のロボットで、人気が高い。ファンの間ではアップルのりんごマークと戦い、勝利する画像などもつくられている。

   また、iOSも公式キャラクターこそいないものの、音声操作機能「Siri」が日本上陸時に大ブームを巻き起こし、擬人化キャラクターがつくられ親しまれてきた。FirefoxOSには兄貴分のウェブブラウザ「Firefox」のマスコットキャラクター「フォクすけ」がいる。

   それらと比べると、確かにTizenの公式キャラクターは親しみにくい感じは否めない。「キャラクターは効果的なマーケティングのツールなんだけどこれは…」と先行きを危ぶむ人もいた。

   Tizenは、日本をはじめ韓国、アメリカのほか、台湾、フランス、スペイン、イギリスなど、各国の通信会社とメーカーがコンソーシアムを組んでいる。サムスンが2013年にTizen対応端末を発表する予定で、NTTドコモやフランスのOrangeではこれの13年内の発売を目指す。

   米調査会社IDCが2013年2月14日に発表したところによると、12年のアンドロイドを搭載したスマートフォンは全出荷台数の68.8%。一方、iOSのシェアは18.8%だった。この2つのOSを合わせたシェアは87.6%に達し、ブラックベリーやマイクロソフトに大きく水をあけている。

   13年、さらに激化することが予想されるこのOS戦争に、Tizenはどこまで食い込むことができるか。そして、イメージキャラクターが並み居るライバルを押しのけ愛される日は来るのか、それとも、あえて「不気味さ」をウリに、寡占状態のモバイル用OS市場に殴り込みをかけ、強烈な存在感をアピールしようというのか。スマホ端末の戦いもからんで、要注目だ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中