「ブランド」女子大、「就職難」で人気上昇 伝統と教育力に期待、企業が求める人材像にも合致

印刷

   有名女子大が2013年度入試で高い人気を集めている。少子化の中、志願者が前年に比べて増加しているのだ。

   専門家は「就職」をキーワードに上げ、伝統・教育力といった確立されたブランドへの期待があると分析している。

津田塾、東京女子大や日本女子大などは根強い人気

   大学受験大手予備校・河合塾の調べによると、首都圏の有名女子大の志願者数は、昭和女子大が前年比2650人増、東京女子大が1417人増、日本女子大が823人増、実践女子大が460人増だった。全体でも前年比108%と、「少子化」で受験者の総数が減りつつある中で、女子大の人気が急上昇しているように見える。

   女子大については1998年以降減少傾向が続き、ピーク時の98校が現在78校になっている。また、女子受験生の共学志向で人気は下降ぎみともいわれてきた。

   ただ、入試動向の分析等をおこなう河合塾教育情報部チーフの富沢弘和氏によると、この間も津田塾大、東京女子大や日本女子大といった「ブランド」女子大は根強い人気を集めてきた。受験生・保護者らからの伝統・教育力への期待が支えになっているという。

   今年の数字については「2011年、12年と倍率が低迷していたので、13年は10年並みの水準に戻った」との見方を示す。年毎に倍率があがったり下がったりするいわゆる「隔年現象」に加え、入試方式の変更で受験しやすくなったのが功を奏したのではないかという。

   その上で、女子大の人気「回復」について「就職」をキーワードにあげた。「就職難」の状況が女子大に再び目を向けさせているというわけだ。

   女子大は家政学部や管理栄養学部など、資格の取得できる学部を比較的多く擁しているため、就職につながりやすいと見られる。

女子教育ならではの利点が存在

   さらに、とりわけ有名女子大は、一般企業への就職率も高い。『サンデー毎日』(2013年2月19日付)によると全大学の就職率が76.1%なのに対し、女子大の就職率は78.7%という。

   今年志願者が急激に増加した昭和女子大は11年、就職率86.7%と全国20位で、キャリア教育にも積極的だ。

   また、就職戦線における「ネームバリュー」も、名門女子大の場合、偏差値が同程度の共学大学よりも高い。そこで「お買い得」と評価され、人気に寄与しているようだ。

   こうした「ブランド力」のほかにも、女子だけという環境の中で、ゼミなどで男子の目を気にせずリーダーシップをとってきた経験なども、企業の採用担当者に評価される、と富沢氏は話す。

   女子大への合格者を多く輩出している佼成学園女子中学高等学校の広報室も、ホームページ上で、

「就職率の高さを支えるものは、女子大ならではの学校の学生への面倒見の良さ。また男子学生がいないために女子学生が無理なくリーダーシップを発揮でき たり、協調性を身につけてチームプレイで成果を上げられるなど、企業が求める人材像に当てはまりやすい、といったことがあげられ、女子教育ならではの利点が存在すると思われます」

との分析をしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中