屋外業務従事者のPM2.5接触量、北京当局発表の3倍

印刷

   中国・北京で、屋外業務が多い職種の人の「PM2.5」の接触量が、当局発表の平均値の最大で3倍に達していたことが、北京大学公共衛生学院と環境NGO「グリーンピース」北京事務所の独自調査からわかった。2013年3月4日、毎日新聞が伝えた。

   PM2.5は呼吸器や循環器の疾患を引き起こす微小粒子状物質。調査は12年11~12月に実施された。インターネットで協力者をつのり、集まった8人に重さ約1キロの特殊な装置を1~5日間身につけて過ごしてもらって、装置に付着したPM2.5の量を調べた。

   その結果、窓やドアを開けた際に排ガスにさらされることが多いタクシー運転手(屋外滞在率37%)が、当局発表の平均値の3.088の数値を示した。また、環境保護団体職員(同18%)も1.41倍。室内にいる時間が長い会社員(同5%)でも当局発表の0.78倍、民間企業社長(同8%)は0.98倍の PM2.5を検出したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中