ローマ法王の後継決める選挙開催へ 115人で投票

印刷

   ローマ法王庁は2013年3月8日、2月末で退位したベネディクト16世の後継を決める選挙「コンクラーベ」を3月12日から行うと発表した。投票権があるのは80歳未満の枢機卿117人。そのうち1人が健康上の問題、1人が「性的に不適切な行為」で辞退したため、115人で投票が行われる。投票総数の3分の2を得る人が出るまで投票が繰り返される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中